FC2ブログ

Crescent buggy track

サーキット情報

yama2.jpg
懲りずに又、山を見に行きました。
今回は南端の土手から全体をパシャ。
奥に見える車までが範囲です。
スポンサーサイト

筑紫ホリックの走行注意書きのコピペ

・走行可能な日は、土曜日、日曜日、祝日のみです。
(レース開催、コースコンディション等の事情により、走行できない場合があります。事前にブログのコメント欄よりご確認下さい。尚、スタッフ不在の場合も走行できません。)

・走行時間は午前9時~日没まで

・走行料金は、1日2,000円です。

・走行料金は、現地にてスタッフにお支払いください

・走行可能なマシンは1/8GPレーシングバギーです。RTRマシンでも走行可能です。

・路面の保護のため使用可能なタイヤは下記の3種(6コンパウンド)を推奨していますが、路面状況により、タイヤコンディションが変わりますので、ブログにタイヤの最新情報をアップしたいと思います。
プロライン:インサイドジョブ(M3)(M4)
プロライン:ホールショット(M3)(M4)
AKA:ウィッシュボーン(Soft)(SuperSoft)
その他のタイヤを使用する場合は、必ずスタッフにご相談下さい。

・敷地内での損害についての責任は一切負いません

・マシン衝突などによるトラブルは当事者もしくは自己責任で解決してください。

・クリスタル仕様の送信機を使用する場合は、他のクリスタル利用者と確認の上、各自でバンド管理を行ってください。

・施設を損壊した場合は、速やかにスタッフへ報告してください。状況により、弁償して頂く場合があります。

・暴言、罵声は禁止です。

・コース以外での走行は禁止です。

・ごみは各自お持ち帰りください。

・路面保護のため、不定期でコース整備、散水を行います。スタッフの指示に従ってください。

・営利目的のサーキットではありません(スタッフはボランティアです)。お互いに声を掛け合い、楽しくラジコンをしましょう。

筑紫のホリックレースの開催予定が出てたので転記。



2013年バギーホリックサーキット 年間スケジュール

2月「ホリック・バギーチャレンジ第1戦」

4月「ホリック・バギーチャレンジ第2戦」(集まれ!!1/8レーシングバギーミーティングin九州併催)

6月「ホリック・バギーチャレンジ第3戦」

8月「ホリック・バギーチャレンジ第4戦」

10月「ホリック・バギーチャレンジ第5戦」(集まれ!!1/8レーシングバギーミーティングin九州併催)

12月「ホリック・バギーチャレンジ第6戦」

雨降って暇なんで。
シンヤがこないだ着た時フロントステアリンケージボールの上下変更によるステア変化についてを話していた事ですが更に詳しく。

●ロール・ステア
たとえばダブル・ウィッシュボーン式のサスペンションの場合,上下のリンクがあります。このロア・リンクの後方にあり,このリンクと同じくらいの高さにサイド・リンクを設定します。すると,バウンド側でもリバウンド側でもトーインの特性になります。

逆にいえば,このサイド・リンクの設定で,トー変化無しやバウンド側はトーインですが,リバウンド側はトーアウトにも設定できます。

●どういう特性にするのか
一般に下記の設定にします。目的は旋回時の安定性確保のためです。

フロント側 = トーアウト … トーアウトにすると,タイヤのスリップ角が減少します

リア側 = トーイン … トーインにすると,その逆にスリップ角が増加 → 車両姿勢を元に戻す復元モーメントが発生 → 車体のヨーを低減 → より安定に

と書いても判りにくいけど、ラジコンの場合リアのトー角はピロボールで出さずサスピンの角度で設定されてるからバンプトー変化はないからその角度設定さえすればOK。
しかしフロントはステアリンクの長短で設定している為ボトム時の変化が発生するので、ここを設定すればOK。
具体的には1Gの時ステアアームとサーボセイバーとの角度が水平であるなら一番ロッドの長い状態で固定されているので、これをボトムさせればトーアウトに変化するはず。
逆にロッド角度が前から見て上あがりの場合はボトム時にトーイン方向へ下さがりなら更にトーアウトへ。
これらの調整はピロボールをサーボセーバーの上下付け替えやピロボールの下にシムをかませて高さを変えたりします。
その他色々あるけど、これらを考えていくと夜眠れなくなります。

ponnda.jpg
今日からポンダーによるラップタイムが計れるようにコースでセンサーとの角度調整やら何やら小一時間頑張って計測可能になりました。
ポンダーはボディー内部に装着でも大丈夫ですが電圧が一応6V仕様になっていますリフェ等で超える場合は自己責任で当局は関知しませんし、ガラスレンズですからハードヒッターには不向きかも(w。
一タンク半ほど計測しましたが、取り付け角度&高さを注意すればOKなようです。
タイムは攻め走りできない年齢なので・・・・・・。

iriguti.jpg
写真は前後しますが、ここが山の入り口。
ロザリオの園の東の道から高速の下を抜けたところです。
前方がコンクリート舗装の極小道路。
しかし2トン車が入るらしいですが道脇のイノシシよけのビリビリ線が邪魔。
勇気を出して進入。
下の写真へ↓。

__.jpg
本気で次期コースを探すという事で、以前から話していた金立の山へ視察に行ってきました。
山へ車で登ること5分強、道は狭いのですが一応コンクリート舗装でギャップはなし。
道の突き当たりに目的の場所がありました。
しかしガビーーーーン。
長さは写真で一番向こうに見える小屋まで100mあるでしょうか。
幅が道路からだと10mちょいの細長い敷地でした。
結局ここはこの道までの山肌を10m程削った後のようです。
幅を取るには更に山面をガリガリ削る必要がるようで本格土木の感じ。
確かに民家なくイノシシしかいないような場所でしたが・・・・・・

t_img_1281.jpg
ロッシもこんな感じ、多色もあるよ

akaaokiiro.jpg
業務連絡。3色ありますがどれにする?
オレンジにブルーのラインのボディーはFOCEでなくファイターみたいだけど。

l_img_1352.jpg
トラックボディーとかのイタリアBITTYDESIENでは塗装済みボディーの販売をしているのを発見。
若干BiTTyのクリアは強度に難点があるけどONと違ってOFFのボディーは長持ちするんで塗り完もいいかな。
国内ペインターだと1万超えちゃったり、自分で塗ってもペイント代がそこそこかかるんだけど、実物見てないけど
結構凝った塗りの割には65ユーロとリーズナブルでは、パターンも色々あるみたい。
一度BITTYDESIEN検索して見るのも
http://www.bittydesign.net/officialstore/index.html

ifmar_champions_offroad.jpeg
歴代1/8のチャンピオンがUPされてたんでぺタリ。
原の3期連続表彰台というのが凄い。

ifmar2012res.jpeg
世界戦終了!!

EUR_2534-L.jpeg
昨日の雨があがって今日はピーカー天気で勝ち上がり戦。
今の時間で1/16ファイナルまで終わってるみたい。
金井は勝ちあがれず、後河本が1/4ファイナルで出場の予定。
流石に1週間120台近くが毎日走ると路面もこの状態。

RIC_436620copia-L.jpeg
こちらオイラが見限ったデュランゴの世界戦仕様。
サーボ位置、気になってたカチカチシャーシは後部バッサリとカット、ハイキャスも修正しておとなしいSETへ。
造りは良かったんだけどここまで変えると、基本設計が絶対間違ってると思うよ。

RIC_432420copia-S.jpeg
MBX7世界戦仕様、販売のストック状態と変わらないような。

2012_ifmar_qualifying.jpeg
予選ラウンド終了してファイナル出場結果が更新。

o0569038812318121373.jpeg
Rd5がUPに。
X-reyいきなり後退(TT)。
原がやっとタイム出したみたいだがファイナル残れるか?

20121206065918.jpg
X-rAYがTOP!!といってもこれRd4の結果だけど、実際は5Rdまで進んでるよう、すべてラウンドのポイントでファイナル出場が決まるはずだから1RdだけTOPでは・・・・
ベストは14周が出てたみたい。

151041_123393977820739_1199509888_n.jpeg
昨日からかな?世界戦の予選がはじまった模様。
10分間の2Rを3日間の予定が最終日雨らしく1日で3Rの2日間の予定変更らしい。
しかし1日10分を2回走らす為にアルゼンチンまで行くのってどうョ?

img_377663_24270208_3.jpeg
綺麗な画像があったのでUP

530492_122291464597657_608474675_n.jpeg
画像汚いけど、本年のアルゼンチン世界戦コース。
今後のコース作りはこれを目指すのだ!!