FC2ブログ

Crescent buggy track

サーキット情報

3月23日 2014 クレセント第2回大会

323aozora.jpg
3月23日久々の好天
コースオープン9時より新コースとなり初走行の選手など時間ギリギリまで走行練習で車を煮詰めます。
路面は表面が珍しく乾いた状態。
コース改修の後のためか細かい土が上がり若干スリッピーな感じ。
323jyouku02.png
上空写真、駐車場も車で埋まります。
パドックは駐車場、管理棟横、そして栗林にもテーブルが出せます。
車は下の電動コース、ラジコンパークにも駐車できますので、車シェアして登って来て下さい。
323kenngai gumi
こちら、県外組。
前回に続き、福岡、大分、佐世保と遠路参加してくれました。
手前に見切れていますが、河本選手も参戦。
県外組が参戦してくれると一気にレベル上がりますし、良い情報源となってくれる為、地元選手一同感謝感謝!!
323syugou001.png

323kaikai.jpg
と言うことでいよいよ開幕。
板金屋競技委員長より、レーススケジュール&諸注意事項の説明。
2回目になって中々流暢に(w
クレセントは何故か車種が多種多様。
MP、Losi,AGAMA,デュランゴ、サーパント、X-ray、JQ、何故か沢山生息していたMBXがいなくなってしまった。

さてレースはクラス分けなしの勝ちあがり戦方式のエンジンバギー、エキビジションで電動2WDの2部門
詳しい内容は板金屋さんが映像含めてUPしてくれるのでここでは割愛。

323EBjyoui.jpg
あついーーー戦いは終わって表彰式。
当然優勝は河本選手。
2位は長いことレースに参戦できなかった田島選手
3位は県外組に意地で分け入った壱後屋江口選手

この後お楽しみ抽選会でワイワイと

今回も事故なく無事に終了 めでたしめでたし

次回は5月の第3日曜の前後くらいではないでしょうか?

クレセントは平日や雨の翌々日くらいにはオープンしておりますので是非ご来場してください。

スポンサーサイト

レース1週間前

31601.jpg
3月23日のレースに向かって今週の日曜日は大盛況。
駐車場も久々に満車。
天気も良く路面も程よく湿って久々にベストコンディション。
316.jpg
コース変更後、初練習の方もおり、マーシャルは忙しい。
やっぱり、ジャンプがバギーの場合7割くらいタイムUPの鍵をにぎってるんじゃないでしょうか?

来週はレース、GPとEP2WDで開催、天気を願うばかり。

改修工事

sora002.jpg
新しいコースの上空写真が先日撮ってもらったのでUPします。
結構綺麗に仕上がったなと自画自賛。
net001.jpg
3月のレースに向かって徐々に仕上がっています。
後は参加者を待つだけです。

コース改修No7

newcors02.jpg
土曜、日曜と天気が良く、コース最終調整をしました。
こちらは新しいレイアウト。
かなりテクニカルとなってステア、アクセルワークが難しい。
前みたいにガンガン行けなくなりました。
newcors03.jpg
こちらは改修した高架部分、片持たせタイプになりました。
以前より色々踏み切りのコブ部を試行錯誤して飛びやすい形態にしたので今まで飛ばずに渡っていた方も中速くらいで飛べると思います。
又橋の幅を狭くしたので高架下のブラインドがなくなりました。newcors01.jpg
フェンスも前面張替えてスッキリ。
2連+2連も結局コブの距離を短くしましたのでフンワリ飛んで次の2連までアプローチ伸ばしたのでここで修正後次のジャンプへ進入できます、但し飛びすぎるとかなり厳しくなります、スロットワークがここも必要。
残りはパドック辺りを整備する予定ですが人材確保が厳しい状況です。

全体的に新しいコースは以前よりある意味簡単なのですが、攻めるとかなり厳しくなっていると思います。

お知らせ

長い補修工事期間となりましたが、フェンス張替え、ジャンプの新設、新レイアウトが完成しました。
若干手直し工事をするかも分かりませんが一応只今オープンしております。

明日から週末天気が良さそうなので是非お越しください。
又、3月23日にレースを予定しております、クラスは1/8エンジンと1/10EP2WDとなります。

リアサスペンションジオメトリー

xb8riaburoxtuku.jpg
リアサスペンションジオメトリーこれを考えると夜寝られなくなる幾何学的要素。
初走行後、リア抜けが気になってリアサスあたりを押したり捻じったりと色々考えてみたのですが、結論と言うか、こういう風に動いたが良いんじゃない?的な事を前提にサスを組みなおそうと思っています。

どんな風かと言うとボトムダウンでプラスキャンバーに通常なりますが、シャーシロールした場合外周側はダウンにはいるのでキャンバーはプラスに。内側はアップでマイナになるんじゃないの?

実際今の私のXBはと言うとボトムダウンでプラスキャンバー、これは当然ですがロール時はなんとマイナスキャンバーになるんですよね、コーナー時どのくらいのロールが発生するのか疑問ですが、やっぱし多少のプラスキャンバーで踏ん張ったが良くないでしょうか。

じゃーどうしたら良いかと言うとロール時にアッパーアームが引き下ろしの方向に動けばいいので、ロールセンターより低く、さらにダウン時サス角度が多ければ多いほど引き下げるのではないでしょか?
サスの動作角度を増やすにはアッパーアームが短いほどキャンバー変化が起こりやすいので、私のアッパーの長さではまったくの真逆。

実は制作時にサボイヤ選手のセッテイングシートを参考にしていたのでアッパー最長の組み方になっていましたが、上の
画像を見てください、なんと製品とは形が違うアクスルブロックじゃないですか?
上部のリンク位置に対して下部のアクスルピンの位置がうーーーんとせり出した形になってます。
製品は上下同じ位置なので、これじゃーアッパーが長くなるはずです。

まだ組み直ししてませんがリアアクスルのプレートをIN側にひっくりかえしてアッパーサスを短くする予定ですが、リアのショックマウントのリンク穴もいまよりも下げればなんとかなるでしょうか?
xb8furontburotuku.jpg
実はフロントもナックルアームの角度など若干違うので変にセッティングシートを信じちゃうと偉い目にあいます。


初下ろし

zannteikannsei.jpg
なんとか走れるまでにコースは完成。
2連+2連は若干コブとコブの間が広いんじゃないかなと思うのですが、かなりハイスピードで姿勢崩すと大変。
高架は苦心した割には車が見えなくなる時間が延びてしまってるよう。
このあたりもう少し調整いるんじゃない?
hatuoroshi.jpg
と言う事でXB8の初下ろし。
3月なって気温上がったと思ったけど、エンジン冷えて硬くて回りません。
ヒーターで暖めて始動。
走った感じではやっぱ無限ぽい、やたらお尻が出ます。
でも無限の様にパワーアンダーでなくパワーオーバー、握るとお尻がギュッギュッと出ちゃいます。
ある意味巻き込み現象。
コース右の新しいクネクネコーナーはアクティブデフ効果でヒョイヒョイと曲がっちゃいます。
まー初下ろしなんでリアSETもう少しいじってグリップ上げたいところ。
ジャンプ系は飛べたり飛べなかったりと意図していた楽なジャンプには程遠い結果に。
かといってもうジャンプをいじる気力体力ありません、暫く傍観させてもらいます。

コース改修No6

fennsupaipy02.jpg
1タンクでもシェイクダウンで走行できないかとコースへ登りましたが途中から雨がパラパラ。
先入りしてた、板金屋さんと他1名で愚だ愚だと。
そのうち雨が降る気配がなくなってきたので、既存のパイプでフェンスでも張ろうかとボチボチやっているうちに大工事となってしまいました。
奥のバンク折り返しからは新レイアウト。
完璧なS字コーナー。
折り返してからは以前のレイアウトに近い感じです。fensupaipu01.jpg
左サイドは大きい2連+2連のジャンプとなってエアージャンプからは大きなコーナーとなって、窪みのあるテーブルへ上がります。
こちらはレイアウトは以前とそう変割りはないとお思います
明日雨が降らなければレイアウトは完成しそうです。
現在暫定的ですが走行可能です。
尚今年2回目のレースは3月23日を予定しています。