FC2ブログ

Crescent buggy track

サーキット情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XB8

xb8gallery-low_22.jpg
長いこと開発中だったXrayがやっと製品発売となった。
しかし名前がXB9から1つ戻ってXB8になってしまった、多分XB10では1/10と勘違いされるからだろうか?
フロント周りが今回は一新、XPBS(pivotball suspension)とかっこいい名前のシステム名まで付いちゃった。
しかし一見は新しいR&Dとは言いがたいどうみても無限じゃん。
でも更に良く見るとこれが無限とは大違いで大変良く考えられている。

ロアのボールリンク形態は無限と同じだが、アッパーのステアリングブロックに秘密が。
ステアリングブロックはキングピンプレートとシャフトブロックの2構成でできている。
このキングピンプレートが無限では出来なかったセッティング変更が出来る。
キングピンの穴をオフセットしたプレート交換でキャスターやキングピンアングル、ロールポイントなどが変更できる。

又アッパーもAアームとロッドエンドを無限のようにただロッドでつないだだけではない。
なんとAアームの先端のあなにロッドエンドがインサートされており、短長の調整はAアーム後方からレンチで回すと
ロッドエンドがスライドすると言う変り種、その為にロッドエンドは整形で若干ひねりのある形となっている。

リア部分も今回オールリニューアルとなって足回りすべて別物に、ただ、今回の変更が今までのジオメトリーと何が良くなっているのかは何処にも書いてなかった。
ユーザ側は今までよりこのように改良したから足の動きがよくなったとか、回頭性が数段に上がったとかを書いて欲しいと思うんだけど。

パッと見でフロントキャリア&Cハブ構成がなくなったことで舵角の増加と、現状よりキングピンとホイルセンター間が近くなったので初期反応がさらに上がってるのではないかな位しか思い当たらない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pow169.blog.fc2.com/tb.php/135-0b14a17d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。