FC2ブログ

Crescent buggy track

サーキット情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱし

週末の雨パターンは今年は大丈夫と思ったのに、なんと2週続けての悪天候、どうも来週も怪しい。
走らせもしないとやる事がない。
ネット通販ばかり見てると財布が軽くなるし。
このHPのネタも無く、しょうがないから、XB8のその後でも書くかなと
xb8001.jpg
XB8ですがセット出しに手古摺ってます。
前回のレース1週?前くらいから走らせたのですがなんか今一。
そこでレース前日にXB8のシャーシに快調だったXB9のフロント、リアユニットを乗せ変えて走らせたのですが、これが超不調で曲がらないはリフトするはで大失敗。
急遽元に戻してXB8で参戦。
この日はピーカーで路面カラカラで超スリッピー。
パワーを入れるとリヤがズリズリ、コーナー突っ込むお尻がズリーー。
コ-ナー出口はインリフト起こして車は「の」字を書いて、かって気ままに走るXB8にゲンナリ。
レースのタイムどうこうはとっくに過去の物で今は気持ち良く走ってくれさえいいのにトレースも出来ないならジャンプも飛べないとまったく良いことなし。
現場でチョコチョコいじっても結局最後までヘロヘロで終了。

なんとか走れる様にSETやり直さなければと次の日から傾向と対策の日々?
まずキョロキョロするステアリング特性を検証せねば。
調べていくとXB8になって更にロングシャーシなった分異様にシャーシのロールが柔らかい。
この分がフロントステアが機敏になったのと、慣性も働いてリアリフトの原因かと。
レースで河本君から車みてもらったけど、ダンパー軟すぎない?リアの伸びがはやすぎない?とのご指摘もあったので、
そんなら初期反応殺しても全体的にサスの動きを抑えようとダンパーのOILを思い切ってフロント500、600、800
リアを500、700に入れ替えた数本のダンパーをもってコースにゴー!!

色々ダンパー入れ替えて走らせて見るとフロント800リア700くらいに上げても違和感が無い。
しかし出口インリフトは多少残ってるしタックイン状態も改善してない。
そこでスプリングを京商のライトブルーより硬いグレー、ライトブルー、ブルー、パープルを帰宅後発注。
そんな折、X-rayのHPにFrench Nats Rd1のSAVOYA選手のシートが発表。
ムムム、フロント800リア600にいつの間にか変わってるしスプリングも販売のない4ストライプのハードに、オイオイ
そこかよ!!!
xb8002.jpg
と言うことで全身強化した足回り、ついでにアクティブデフも通常1000くらいのOIL潤滑程度なのですが、デフのロック状態にもって行くにはこれでは厳しいのではと通常の5000にUP、機敏な曲がりは捨て去りました(w。

天気を待って再リベンジ。
んーーん良い。
出口インリフトも取れたし、パワー入れても前が引っ張ってくれてる感があり、内へ内へ入ろうとする癖が取れてる。
ライン出し易いのでジャンプも飛びたい場所にもってける。
ただコース右のテクニカルでの回頭スピードが一人走りなのでわからない、それにタックイン現象は直っていない。
フロントこれだけ硬いのに、後考えられるのはキャスター角、ところが現在の14度プレートではこれ以上強く出来ても
シム変更で起こせない。
10度か6度を手に入れないとキャスターはいじれないので次回走行までお預け。
それにロールバーも試したいし。

まーレース以前の車からすれば凄く走り易い車にはなってるんでこれでいいかな?
なんせ次回無謀にもクロスステージに行く予定なので、それまでには仕上げないと。
但し操縦スキルは年齢的にこれ以上伸びしろがないんでなんと維持するだけ(w。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pow169.blog.fc2.com/tb.php/155-53783a29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。