FC2ブログ

Crescent buggy track

サーキット情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジン慣らし

最近ペラによるブレークインはエンジンの寿命が短いという話を聞いたが、これは温度管理に問題があるんじゃないかと思うんだけど。
そこで色々調べてみたら、ある全日本ファイナリストと同じような理論の元になるような記事を見つけた。
もしこれで初期から温度上昇をキープ出きるなら、中々面白い方法だと思う。


アメリカのRC情報サイト "Starting Grid" に掲載されていた、RCレーサーのステファン・ベスによる、エンジン慣らしの日本語訳です。


--------------------------------------------------------------------------------
もしあなたがエンジン慣らしの際に、未だに『最低1タンクはアイドリング』を行っているのなら、あなたは "古典的慣らし方法" を行っていると言えるだろう。しかし、その方法はエンジンの扱いに長けた上級者達 - Top Engine Guys: ロン・パリス、デニス・リッチー、ロディー・ローム、マイケル・サルバン等 - が推奨する慣らし方法ではない。

具体的には、初めてエンジンを始動する時から車体を地面に置き、駐車場等で2~3分間のインターバル走行を行う。ニードルセッティングは "わずかに開く" のみとし、晴天日でヘッドの温度が93度付近になるよう走行する。2~3分間走行した後は毎回エンジンを止め、ピストンの位置が下死点にある事を確認して、エンジンの冷却を確実に行う。その後、再度エンジンを始動し、2~3分間走行する。このサイクルを、合計走行時間が15分程度となるまで行う。

このサイクル終了後、走行時間を3~4分間に延ばして同様のインターバルで走行する。エンジン回転数も上がり始めるが、エンジンヘッド温度の上昇(93度付近)を恐れてはいけない。するべき事は、エンジン部品に正しい "ヒート・サイクリング" を与える事であり、開きすぎたニードル設定に起因する熱不足から生じる過度のストレスを与えることではない。この方法で合計20~25分走行させる。これでエンジンはレース調整用に用意され、エンジン慣らしは完了となる。

この方法は、いわゆる "古典的慣らし方法" と言われる、アイドリング状態でスターターボックスに置く方法とは対極に位置する。しかし、一度この方法でエンジン慣らしを完了すると、そのOSエンジン(注: 原文ではOSとなってました。)の上死点におけるピストンとスリーブの当たり具合は驚くほどきついが、しかし止まらない。加えて "古典的慣らし方法" よりもエンジン圧縮がより長く持ちこたえる結果に驚く事になるだろう。

エンジン始動後、最初の5タンクを "ニードル出荷時設定" で走行する事。それはエンジンに多大なストレスを及ぼす事になる。何故なら、過去に私が保有したOSエンジンのニードル出荷時設定は開きすぎているからである。結果、スリーブは熱膨張する事無く、エンジンを始動すればピストンは上死点における、スリーブとの擦れ合い箇所で毎回激しく衝突し、そして - 驚くべき事では無いが - 最もエンジンストレスが掛かるコンロッドのクランクピン近傍にクラックが発生する事になる。私は、6~8台程の壊れたOSエンジンの話を聞いたが、それは常に最初の1ガロン(3.9リッター)で発生している。そして、ほぼ毎回 "古典的慣らし方法" にてエンジン慣らしを行っている。何故それが起きるのかは別に不可解な事ではない。

エンジン慣らしとは、実際にはエンジンにストレスを与え、エンジン圧縮を摩耗させる事と言える。私が書いたエンジン慣らし方法は一見おかしいと感じるかもしれない。しかし、一度試してみると、エンジンパフォーマンスとその耐久性の大きな違いに気付くだろう。

思い切ってこのエンジン慣らし方法をやってみて、あなたが更なるエンジンパワーと耐久性を手に入れる事を望む。

--------------------------------------------------------------------------------
実は現状でペラ回し後は温度キープの為結構ピークに近いニードルでランニング開始してるんだけどさして支障もなく
仕上がるんで、OSなら箱出しでも始動簡単だし、次回これを試してみようかなと、ただ初期の温度キープが難しそう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pow169.blog.fc2.com/tb.php/179-832a300c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。